昭和49年製のジャノメミシン復活。

このミシンはある障害者支援の作業所のものです。飛び込みでご挨拶させていただきました。

今回、お預かりして修理したのはフットコントローラのコードのビニールが切れていたので銅線がむき出しで危険でした。直しました。それと、糸調子を整え油さしをしました。
キレイに縫えます。また、がんばって働いて欲しいですね。

※昭和49年製のジャノメトピアレーヌ804。私と同級生...大学の初任給が67,000円のころ、
このミシンは102,000円でした。高級品でしたね。

b0213187_8124035.jpg

[PR]

by misin-no-yuai | 2011-04-06 08:15 | 修理について