下糸がぐちゃぐちゃになる....

新潟市のお客様です。電話を頂きました。「下糸がぐちゃぐちゃになって縫えない。」とのことです。
2年前くらいに電気店でミシンを購入したそうです。
電話口でミシンが改善するかなと思いましたが、ミシンが目の前にないとのことで
訪問させていただきました。お嬢さんのミシンだそうです。買いに行くときは
一緒に行ったそうです。

見させて頂きました。ミシンの大切な仕事、直線縫いが目飛びを(一定の縫い目の長さにならない)
起こしておりました。ミシンのタイミングがずれてしまったようですね。
「使い方の説明はきちんと受けましたか?」お伺いすると、「特別、何も受けなかった。」とのことです。私の予想ですが、このミシンの出来る仕事以上のことをさせてしまったのかも知れませんね。
また、お電話でも言っていたように「下糸がぐちゃぐちゃになる」については糸調子ダイヤルが効いていないようでした。

こうなると、簡易調整ではミシンは復活して元気良く動いてくれません。本格的な修理が必要です。
ミシンの修理は金額が結構するものと、お伝えしました。
そうしたら、こちらのミシンは修理をしないで「昔、買ったミシンがあるから、それを調整して欲しい。」とのことです。いいですね♪昔のミシンほど重くて丈夫です。後日、訪問して調整させていただく予定です。
b0213187_9154720.jpg

[PR]

by misin-no-yuai | 2011-05-18 21:50 | 修理について